平昌オリンピックでカナダのアイスホッケーを応援しよう!

   

平昌オリンピックがいよいよスタートしましたね!

タイムリーに応援することが難しい方もいるかもしれませんが今回は、カナダの国技である「アイスホッケー」についてシェアしていきたいと思います。

 

1877年1月、最初の公式アイスオッケーチームがカナダのモントリオールにあるマックギル大学で結成されたんです。

カナダのオリンピック出場回数は全20回。

そのうち、金メダル9つ・銀メダル4つ・銅メダル2つ。本当にカナダの強さは圧倒的ですよね!!これまで獲得したタイトルは、世界国別代表チーム最多の計47回とのことです。

今回の平昌オリンピックも期待値大!!です。

みんなで応援しましょう!

Sponsored Link

 

生で見るアイスホッケーはスゴい!

私は、カナダに来る前まで正直アイスホッケーのことをよく知りませんでした。

アイスホッケーといえば・・・2004年に放送されていたドラマ「プライド」・・?くらいのイメージ。でもせっかく本場カナダに来たんだから!ということで「エアカナダ・センター」に観戦に行きました。

もうね!想像以上の迫力と熱気です!!凄まじい音とプレイヤーたちのチームワークでとっても興奮しました!!!

私のアイスホッケーのイメージとちょっと違ってまさに「氷上の格闘技」と呼ばれるのも納得しました。

 

平昌オリンピックの日程

平昌オリンピックにおけるカナダチームの試合はこのページを参考にしてみてくださいね 🙂

[平昌オリンピック アイスホッケー カレンダー]

https://www.asahi.com/olympics/2018/results/ice-hockey/calendar/

 

アイスホッケーのルール

試合を見るとき、より一層楽しむためにルールを簡単に説明しておきます!参考にしてみてください!

<フィールドとライン>

リンクの大きさは最大で61m、幅30m、最小で長さ56m、幅26m。ブルーラインによって防御氷域(ディフェンディングゾーン)、中央氷域(ニュートラルゾーン)、攻撃氷域(アタッキングゾーン)に分けられる。

 

<用具>

スティック・・・カーボンでできているのでとっても軽い。

スケート靴・・・足や足首を守るように頑丈な作りになっている。

パック・・・ゴムパックのことで球技のボールに相当する。

防具・・・ヘルメット/バイザー(顔を守る)/フェイスマスク/グローブ/ネックガード など

<時間>

ピリオドと呼ばれる20分の試合単位を3回行う。ピリオドの途中、15分のインターバル(休憩)を2回挟んで試合が進行する。このインターバルの間に製氷されることが多いそう。

*試合時間合計は60分ですが、試合が止まるたびに時計が止まります。

なので試合開始から終了までの所要時間は2時間~2時間半ぐらいと言われています。

 

<得点方法>

敵のゴールにパックを入れると1点となります。60分を終えた時点でゴール数が多い方のチームが勝利。

体に当たって入っても得点になります。(わざとパットを手に持ったり蹴ったりしたら得点とならい。)

また、ゴール前のゴールクリーズと言われる青い半円のライン内から入れた場合や、敵がそのゾーン内にあた時は得点とは認められません。

 

<スピード>

選手は最高時速60キロで氷の上を走り、飛び交うパックのスピードはなんと160キロくらいといわれています!!

 

Sponsored Link

 

<反則>

アイスホッケーにはたくさんの反則があります。その中でも基本的な反則を紹介します。

× アイシング(センターラインの手前から相手チーム側へ打ったパックに誰も触れず相手のゴールラインを超えること)

× オフサイド(攻撃側の選手がパックより先に相手側のアタッキングゾーンに入った場合、相手側のブルーラインにパックよりも先に体全部が入ってしまうこと。ただし、ブルーラインを踏む・跨いでいればセーフ)

× トリッピング(相手選手を自分のスティックで引っ掛ける)

× クロスチェッキング(両手で持ったスティックを使って相手を押したりすること)

× インターフェアランス(パックを持っていない相手の動きを妨害)

× スラッシング(スティックで相手を叩く)

× スティックのブレードを肩よりも高く上げる

× スティックを手で掴む

× 相手選手の体を手で制す、体を掴む

× 交代ミスで6人を超える選手でプレーしてしまう

× 破損したスティックでプレーし続ける

 

<ペナルティ>

大きな影響を及ぼすような反則をした場合、分単位の退場処分が課せられる。

基本的には2分間の退場。反則の度合いによって時間が増えたりします。

その間は一時的にフィールド上のプレイヤーが少なくなるのでかなり不利な状況になる。

 

<基本的なポジション(役割)>

・ゴールキーパー(GK)・・・1人

・フォワード(FW)・・・3人

・ディフェンダー(DF)・・・2人

*戦術により人数構成を変えることも多々あるようです。

<人数>

人数・・・氷上には1チーム6人です。ベンチには基本的に22人まで待機していて、ものすごいスピードで交代します。本当に体力の消耗がハンパじゃない競技なんです!

選手交代の許可を審判に得る必要がないので1分以内にコロコロと選手が変わっていきます。

1人がプレーできるのはたった45秒程度といわれています!!

最初、私が試合を観戦した時はその速さについていけず、えっ!?今は誰がプレーしているんだ??と混乱したことを覚えてます。

 

平昌オリンピックでアイスホッケーの試合を見る際は、ぜひこの記事を参考にしてみてください!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!バナークリックで応援よろしくお願いします 🙂

canada88_31
The following two tabs change content below.
Sarah

Sarah

高校生の時、韓国語を勉強し大学に入ってからは中国語と日本語を勉強。日本語教員の資格を取得しました。社会人になってから英語に興味を持ちはじめ、猛勉強をスタート。 新しいことへのチャレンジ、世界各地いろんな場所に行くこと、美味しいもの食べること、多文化に触れてたくさんの人たちと話すことが大好きです。

 - その他 ,