Most Recent 1454366363484
トロントで食べる、本格お寿司!「炙Miku」
Pocket

こんにちは。日本のお寿司が恋しい、CanadaLifeMagazineTakuyaです。

やはり海外で生活をしていると一番恋しくなるもの、それは、、

「お寿司」

どれだけおいしいハンバーガーを食べても、絶品パスタを食べても、やっぱり日本人としてはおいしいお寿司は生活に欠かせませんよね。トロントには日本食料理屋の数はすごく多いんですが、なかなか満足のいくお寿司って意外と少ないんです。

「でも、食べたい。ちょっと贅沢しても、たまにはいいお寿司を食べたい。」

ということで、今回はトロントで日本人もうなる本格的なお寿司を提供している「炙Miku Toronto」さんをご紹介したいと思います。実はこのお店、数日前日本に帰ってしまったルームメイトのバイト先だったこともあり、彼が帰国する前に食事に招待してもらったんです。今回はそのときの様子をシェアしてみたいと思います。

 

炙Miku

1454366396295

「炙 Miku」を経営する炙レストラングループは今回ご紹介する「炙Miku Toronto」の他にも、バンクーバーで同じく「Miku」ブランドとして展開している「炙Miku Vancouver」や、そのほかにも「Minami」「Gyoza Bar」を経営しているレストラングループです。実はこのグループ、宮城県を中心にすしチェーンを経営している虎グループのオーナーである中村 正剛さんが立ち上げたレストラングループなんです。

そういった背景があることから、トロントでも本格的な日本の寿司が提供できるんですね。また、ルームメートからの情報なんですが、使われているお魚は日本からの飛行機で持ち込まれた新鮮な魚なんだそうです!

 

洗練された店内

炙MikuはUnion Station駅からストリートカーで1駅先にあるQueens Quay Ferry Terminal駅」で降りると目の前にあるビルの中に位置してます。

1454366391989

炙Mikuの店内はとても洗練された雰囲気です。白と黒を基調に店内がデザインされており、高級ではあるがそれでいてシックにまとまっていて、食事しているあいだも特別な扱いを受けている気分になります。また店内にはいるとすぐに目に入ってくる、巨大なワイナリーも魅力の一つです。

1454366384344

記念日など、特別な日に利用したくなるような本当にきれいな店内で、食べる前から興奮してました。(笑) オフィス街のUnion Stationに近いということもあり、お客さんもスーツを着ている人が多かったです。

 

Sponsored Link

 

オススメ料理

まずはメインディッシュです。今回は、炙Mikuの代表的なお寿司が10貫のった「Miku Signature Sushi Selection」を注文しました。価格は$36でした。サーモン、エビなど色とりどりの内容になっていて、一口食べるごとに「うー」とうなるくらいのおいしさでした。(笑)特にとびこのロールは絶品でした!

1454366363484

そして、やはり外せないのがデザート。今回注文した「Warm Matcha Chocolate Fondant」がよく注文されるとのことだったのでこれを選びました。

1454366369239

はい。トロントに来てはじめて箸(フォーク)が止まらないデザートを食べました

抹茶パウダーで味付けされたフォンダンショコラ。このデザートだけでも、行く価値ありの満足いくお味でした。写真でも見ていただけるように「見て楽しい・食べておいしい」絶品デザートです。

この他にも、注文した料理の写真も載せたいと思います。

1454366367176

1454366371752

 

オフィス街に位置するレストランということもあり価格帯は高めですが、特別な日に利用するレストランとしてぜひいかがでしょうか?または僕のように、

「高くてもいいんだ!おいしいお寿司が食べたいんだ!!」発狂した時に行ってみてください。(笑)

 

お店の情報

住所: 10 Bay Street #105, Toronto, ON

電話: (647)347-7347

営業時間: 月~木、日 11時30分 – 22時30分

金、土    11時30分 – 23時00分

 

Sponsored Link

 

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます!クリックで応援、SNSのフォローもぜひ!

canada88_31 workingholiday88_31

 

Author Profile

木村 拓哉Twitter:@Takuya_CLM
1991年愛知県生まれ。カナダを拠点にフリーライター/翻訳家として活動。大学在学中にはUniversity of Wisconsin, Madisonにて交換留学生として経営学を学ぶ。日本で証券マンとして3年間働いたのちにライターになったという、異色の経歴の持ち主。個人ブログ「TakuyaKimura」では、働き方、スタートアップ、テクノロジー、WEBアプリの4分野について執筆。
Pocket